上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


dvd_.jpg

昨年の映画観客動員数では、邦画が洋画を上回ったとだいぶ前の新聞に書かれたあった。

最近見てないけど邦画も面白くなったのか?と思い、年末から邦画ばかり20本程レンタルしてきたけど、・・・。

古くは『しこ踏んじゃった』にはじまり、数年前の『ウォーターボーイズ』の二番煎じ、三番煎じのマイナースポーツ、地味目のクラブ活動の「がんばろモノ」には辟易とした。

かと思えば、ヒロイン死んでの「純愛モノ」はもっと見ていて辛く、映画の質が上がったわけじゃないんだね日本映画復活って。

テレビや出版との連携が上手くなり、単にあおられている人が多いだけか、洋画に面白いのがなかったのか?って気がした。

そんななかで、見てよかったものを3本。

『間宮兄弟』
森田監督は『家族ゲーム』以来のファンだけど、久々の傑作だと思う。
どっかにいそうで、でも簡単には見つかりそうも無い二人の兄弟。
いい年した男のファンタジーってかんじ。見終わって気持ちが暖かになる。

『花よりもなほ』
是枝監督は前作『誰も知らない』ではじめて知ったが、映像を見る限り手抜きが無く、映画つくりにとてもまじめな人なんだろうなと勝手に想像している。主役、脇役の輪郭がしっかりしていて皆生き生きとしている。脚本が監督本人になっていたけどオリジナルならば、この人に山本周五郎賞を与えてほしい。
それにしても宮沢りえってすっかり時代劇の人になったなあ。

『ユリイカ』
これは昨年の作品じゃないけど、Gyaoでやってたんで数日前にタダ見した。青山監督だから多少地元びいきもあるけど良い作品だと思う。
CM入れると4時間近くて普通途中で投げ出すんだけど、飽きさせない。役所広司をはじめ宮崎兄弟、斉藤陽一郎、光石研、みんな上手いんだよなぁ。
同じ役所広司の『THE有頂天ホテル』を見た後だっただけに、役者を生かすも殺すも演出家次第だなとあらためて思った。
(三谷幸喜って演劇はあんなに面白いのに)

DVDjacket-kakotest-n02.jpg



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


スポンサーサイト
高度先進医療とは、特定の大学病院などで実施される先端医療のことで、厚生労働省のお墨付きのものである。この医療と健康保険の関係についてちょいとお話を。

厚生労働省のHPの例をそのまま使わせてもらうけど、
総医療費が100万円、そのうち高度先進医療部分が20万円だとしたら、薬代や入院費などの通常の医療費は80万円ってことになる。

80万円は健康保険の対象なので3割が自己負担ってことになって
80万円×30%=24万円を病院窓口で支払う。
また、それは高額療養費が使えるので24万円のうち所得区分に応じた金額が戻ってくる。(高額療養費に関しては過去記事をよんでください)

ただ、高度先進医療部分に関しては健康保険適用外なので20万円はそのまま自己負担として支払うことになる。
健康保険適用外なのでもちろん高額療養費は対象外。

というわけで、
24万円+20万円=44万円をいったん病院で払い、高額療養費の要件を満たした分(24万-高額医療上限額)が戻る。

イメージとしては今、議論されてる混合医療にも似た感じだけど、正式には違うらしい。

で、どんな病院でどんな治療をやってるかってことはこちらへ

厚生労働省『高度先進医療承認状況一覧』

上記の例図
20060906161521.gif


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


健康保険の給付に関して、高額療養費の次に知っておいて欲しいのが『傷病手当金』だ。

病気・ケガのために従来の仕事につけず給与の支払いが無い場合に給付される。

いくら給付されるかっていえば、1日あたり標準報酬日額の60%。ま、どう言うんだろ、月給総額を30で割った額の60%くらいと思っていいだろう。正確じゃないけど、大差ないはずだ。
給付限度は1年6ヶ月と、かなり長い。


給付要件は次の4つ。

1.病気・ケガの治療中であること
  入院じゃなく自宅療養でも良い。

2.病気・ケガのため今までの仕事に就けない場合
  医師の意見を参考に社会保険事務所・健康保険組合が判断。

3.続けて3日間の待機期間が完成していること
  連続3日間は待機期間。4日目から支給となる。

例  休・休・休・・出
   →3日分支給

   休・休・休・出・
   →3日分支給

   休・休・出・休・休・休・
   →1日分支給

4.給与の支払いがないこと
  給与の支払いがあっても『傷病手当金』より少ない場合はその差額が支払われる。

それで、注意してほしいのは、
『傷病手当金』は自営業者らが加入する国民健康保険には無いっていうこと
だから、自営業者は病気・ケガになれば、経済的ダメージが会社勤めの人よりはるかに大きい。

例外として美理容業や建設業の人など同業種で構成されている国民健康保険組合の一部では『傷病手当金』を取り入れている。

 ※ 標準報酬日額を正しく知りたい方はPDFですがこちらへ
   →社会保険庁「標準報酬日額表」


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


春先に行ったFP研修の資料を見ていたら、高額療養費の改正案が載っていたので、書いときます。

【一般】

現行 72,300円+(医療費-241,000)×1%
     ↓
改正案 80,100円+(医療費-267,000)×1%

【上位所得者】

現行 139,800+(医療費-466,000)×1%   標準報酬月額56万以上 
     ↓
改正案 150,000+(医療費-500,000)×1%  標準報酬月額53万以上 

【低所得者】
現行のまま 35,400円


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


高額療養費の申請方法

私は自営業なので国民健康保険に加入している。管轄は自治体だから、申請は地元の役所の国民健康保険課ですませた。

持っていくものは、
保険証
病院の領収書
印鑑
(お金を振り込んでもらう)銀行口座の通帳

国民健康保険課ではワケありな感じな数人が並んでいて結構忙しそうだったが、高額療養費申請のとこだけポツンと空いていた。備え付けの申請書に入院期間とか、病名とか必要事項を記入して、領収書を添付して提出。
「3ヶ月ほどたってからご指定の口座に振りこまれますから。どうもお疲れ様でした。」
と、事務のお姉さんが慣れた調子で言ったら終了。
所要時間約3分。じつにあっけなかった。

※申請は病院にかかった月の翌月以後でないとできない。私は5月に入院・退院をしたので6月に申請。 

で、さんざん72,300円って言ってきてなんだけど、今年の秋から自己負担限度額が引き上げられる模様。まだ、本決まりじゃないと思うけど、遅かれ早かれ厚生労働省はやるでしょ。ほんの数年前に63,600円から72,300円に引き上げたばっかりなのに。小泉政治恐るべし。詳しいことがわかったら、また書きます。




明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。