上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


昨年行ったFP研修で講師の人が「これからますます入院日数は短くなっていくでしょうね」と言われていた。

「なぜなら、医療技術の発達もあるのだが、診療報酬が短期入院の方がが有利になっているから」

わたしはそこで初めて知ったわけだが、14日を越えると同じ入院でも診療報酬が下がってしまうというのだ。

診療報酬が下がれば病院の収入が減ってしまう。
病院経営上は同じ人を30日入院させるより3人に10日ずつ入院してもらった方が効率がよいってことになる。

もちろん、瀕死にあえぐひとを放り出すような事は無いだろうけど、そこそこ良くなれば、退院を迫るなんてことはよく耳にする。

昔だったら一ヶ月入院してたような病気でも今じゃ2,3週間で退院って聞いてびっくりすることがある。とても家じゃ看病は無理だから小さな病院に入れてもらう人も少なくない。

それで、ちょいと診療報酬を調べてみたら、これって医療政策の反映そのもの。

行政が政策を具現化するための道具。当たり前か、金の出所だもんね。診療報酬で病院をコントロールしてるわけだ。

14日を越えると診療報酬が下がるって言ったけど、正確には入院基本料への428点の加算がなくなるのだ。15日~30日は192点加算で、それを過ぎると加算なし。

(ちなみに入院基本料も平均入院日数や看護士の配分で3区分されている。)

ネットで当たった構造改革の審議会の議事録には「もっと短くしなければ」というような事をお偉いさんが語っていた。

数年前見た資料では、日本の平均入院日数一ヶ月弱に対しアメリカやイギリスの平均入院日数は7日くらいだったように思う。

目指すはその辺の数字なんだろうな。
それで医療の質が下がらないならいいんだけど、上っ面だけ真似されるんなら、昨年大活躍のお笑いコンビに突っ込んでもらうしかない。



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


スポンサーサイト
L48-324764_cigarettes.jpeg

先日、近所の岩盤浴に行った。何度も行ってるのだけど、今回は出っ張った腹をつまみ、脂肪も溶かしてしまえと、いつもの倍以上長く岩の上で転がっていた。

そのせいか、汗を流し、風呂から上がって自分のシャツを手にしたとき、そのタバコ臭さに気持ち悪くなった。

長時間の岩盤浴で皮膚についたタバコの匂いが抜けたんだろう。数時間前まで何ともなかったシャツが汚物のように感じた。

もともと、タバコを吸うくせにタバコの匂いが大嫌いなのだ。公共施設とかの喫煙室は臭いから出来るだけ入りたくないし、自分の事務所で吸う時は冬でも窓を全開にする。

それでも、長年タバコを吸っているので自分の体に染み付いた匂いを感知できなくなっていると思った。

この仕事はじめるとき、「タバコ止めなきゃ説得力ないよな」と思っていたのにズルズル先延ばしにしていた。

こりゃいかん。
片手に保険パンフという盾を持ち、片手にタバコという矛を握っているのが、バレバレだ。
どの口がガンや病気に備えよというのだろう。
どの耳がその言葉を受け取るのだろう。

ということで、久々にニコチンとの戦争がはじまった。

有名なサイトです。参考にさせて頂いてます。→禁煙貯金


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。