上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


 2007年4月からそれ以後に離婚した夫婦に年金分割が認められる。
昨年、熟年離婚が減ったのは、奥様たちがそのときを指折り数えて待っているからで、来年になったら「時は今!」と勇んで夫に離婚届を差し出すだろう、との見方もある。

 離婚なんて重大事だから、それを本気で考えている人はいろいろ調べているとは思うんだけど、離婚を考えていない主婦の人なんかは、「年金半分もらえるんなら、離婚しても生活大丈夫ね」と冗談で言ったりする。
「半分と言ってもですね…」とちょいと私が解説を入れると、「エ~ッ、そうなの、それじゃやっていけないわ」てかんじになる。
本気で考えている人は既知だとは思うけど、誤解して離婚に踏み切って、こんなはずじゃなかったという人を1人でも減らす為にあえて取り上げます。

 夫がもらう年金の総額の半分が別れた妻に渡るわけではありません。
年金分割の対象になるのは結婚している期間の厚生年金部分のみで、基礎年金部分は関係がない。
仮に、夫が年金を払ったのが40年として、10年独身、30年夫婦生活なら、最初の10年は除外され、夫婦期間の30年間で払った厚生年金保険料に相当する老齢厚生年金だけが対象となる。
分割金額に関しては、夫と協議をして合意をするのが原則で、厚生年金部分の最大1/2が上限となる。合意できない時は、裁判→調停の手順でコトは運ぶ。

※ 妻も働いていて厚生年金に加入していた場合には、互いの独身期間を除き、結婚期間の保険料に相当する厚生年金を夫婦で合算した額の半分が限度となる。

文章で書くとわかりにくいので、イメージ図をどうぞ。
ただし、厚生年金部分の数字はテキトーに入れてます。厚生年金部分って、人によって全然違って、要はその人が何十年と払った年金保険料の金額がわからないと計算できない。だから、こんな感じで分割されるんだ、というイメージだけ理解してください。
個別で年金の具体的金額が知りたい時は近くの社会保険事務所で尋ねるしかありません。


nennkin4.gif



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


スポンサーサイト
芦屋町ハマユウ群生地 7/28


役所の観光課HPでは7分咲きとのこと。
長梅雨のせいか例年より花に勢いがないように見える。
それにしても今日はいい天気。



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


高額療養費の申請方法

私は自営業なので国民健康保険に加入している。管轄は自治体だから、申請は地元の役所の国民健康保険課ですませた。

持っていくものは、
保険証
病院の領収書
印鑑
(お金を振り込んでもらう)銀行口座の通帳

国民健康保険課ではワケありな感じな数人が並んでいて結構忙しそうだったが、高額療養費申請のとこだけポツンと空いていた。備え付けの申請書に入院期間とか、病名とか必要事項を記入して、領収書を添付して提出。
「3ヶ月ほどたってからご指定の口座に振りこまれますから。どうもお疲れ様でした。」
と、事務のお姉さんが慣れた調子で言ったら終了。
所要時間約3分。じつにあっけなかった。

※申請は病院にかかった月の翌月以後でないとできない。私は5月に入院・退院をしたので6月に申請。 

で、さんざん72,300円って言ってきてなんだけど、今年の秋から自己負担限度額が引き上げられる模様。まだ、本決まりじゃないと思うけど、遅かれ早かれ厚生労働省はやるでしょ。ほんの数年前に63,600円から72,300円に引き上げたばっかりなのに。小泉政治恐るべし。詳しいことがわかったら、また書きます。




明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


私は5月6日から18日間、椎間板ヘルニアで八幡西区内の病院に入院した。
ゴールデンウィーク中、病院が休みだからと腰が痛いのを我慢してたら、立つことさえ出来なくなった。赤ん坊のようにハイハイするのがやっと、という状態に悪化し、しまいには寝ても痛いし体をどういう体勢にしても痛いので、ついに救急指定病院に運ばれた。

お医者さんも担当の看護師さんもとっても良くしてくれたけど、ただひとつ残念なのは退院するまでに高額療養費のことは全く聞かされなかったこと。
私は制度のことを知っていたから、退院してから役所に申請に行ったけど、知らなかったら何もしないままだっただろう。

以前、私の父親が入院していた新日鉄八幡記念病院ではエレベーターに高額療養費 説明会のポスターがデカデカと貼られていた。
また、母親が心臓手術したとき小倉記念病院のお医者さんは手術代が100万以上かかるから手術日より先に役所に行って高額療養費を申請するように指導してくれた。
病気の重軽はあるが、この制度に対する病院の対応はまちまちである。

もちろん、病院には社会制度を教える義務なんてないし、私の入院した病院に非はない。それでも、制度のことを書いたチラシを用意しておいて、会計の際に渡してあげるくらいの配慮はあってもいいんじゃない?と思う。


7/27
上記の記事の修正と謝罪

数年前から国民健康保険の高額療養制度に該当する人には自治体から高額療養費申請の案内が行くそうです。<ただ、治療月から2,3ヶ月後たってからとのこと>
また、大企業の健康保険組合のなかには請求をしなくても払い戻しが自動的になされるところもあるとのことです。
そうした認知レベルを上げようという動きを知らずに病院のことをとやかく言って申し訳ありませんでした。




明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


芦屋町夏井ヶ浜AM8:00

久しぶりの快晴。今日は暑くなりそうだ。
それにしても波がない。
残念ながら、絶好の海水浴日和。



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


ざっと知って勘違いされても困るので、高額療養費に関する注意点もあげておきます。

① 対象となるのは健康保険内の治療の自己負担分であり、健康保険外の治療は適用されない。そして、前回も言いましたが食事代、個室を望んで利用した時の差額ベッド代も対象外です。

② 月単位の医療費が対象で、例えば4/21に入院して、5/10日に退院した場合、医療費の自己負担分が4月分が6万円、5月分が6万円でも、あわせて12万円ということにはなりません。
4月も5月も72,300円以下なので対象外です。よって、お金は支給されません。
同じ20日入院でも4/1に入院し、4/20に退院して12万円かかれば対象となり4.6万円ほどが支給されます。(一般の人の場合)
これははっきりいって運です。

③ 条件を満たして申請を受け付けられても、すぐには支払われません。指定口座に入金されるまで3ヶ月ほどかかります。
そんなに待てるか!というひとは8割の範囲で貸し付けを受けることも出来ます。

他にも、家族が複数で同一月に入院した時など世帯内での合算できるとかありますが、そのへんの詳細は地元の役所の健康保険課や自分の加入している健康保険組合および会社の総務で聞いてください。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


会社勤めの人が加入する健康保険と自営業者や無職、フリーターの人が加入する国民健康保険は内容的には異なっている。
ただ、高額療養費はどちらにも共通する制度なので、たいていの国民はどちらかに属しているはずだから、たいていの国民共通の制度ってことになる。

高額療養費制度
自己負担額が1ヶ月に一定額を超えた場合は、請求すればその超えた分が後日健康保険から支給されるという制度。
ただし、入院時の食事代・差額ベッド代などは含まれない。

【70歳未満の場合】
一般 72,300円+(医療費-241,000)×1%
高所得者 139800円+(医療費-466,000)×1%
低所得者 35,400円

大まかに言うと、1ヶ月の医療費が上位所得者は約14万、一般の人は約72000円、低所得者は35,400円を超えると超えた分が戻ってくる。
(私は大まかでも覚えておくことが大切と思うので、ざっと言います。もっと正確なことが知りたいときは社会保険庁や自治体のHPへどうぞ)

標準報酬月額が56万円以上の人、これを簡単に言うのは難しいんだけど、直近の4,5,6月の平均月給が54万5千円以上の人は上位所得者。住民税を免除されている人は低所得者。それ以外は一般に分類されます。
多くの人は一般だと思うので、自分が払うのはひと月72000円から多くても8万くらいと覚えていればいいと思う。
※ 国民健康保険の場合は療養月が8~12月は前年、1~7月は前々年の基準所得が670万円を超える世帯が上位所得者。

公式にあれはめれば分かるけど、医療費がひと月100万かかったとして、
72,300+(100万-241,000)×1%だから
72,300+759,000×1%だから
72,300+7,590だから
79,890円がこの場合の自己負担の限度ってこと。
つまり、100万円の3割を自己負担分として病院に払ったわけだから
30万円-79,890円=220,110円がおかえりなさいと戻ってくる。

医療費が200万かかっても9万以下だし、とってもありがたい制度だってことがわかる。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


1020_2.jpeg


 ウィノナライダーが『A SCANNER DARKLY』に出演と聞いた。
実写撮ってその上からアニメを被せるという、新しいのかな?あまり見たことのない手法の映画みたいだ。
それがどれほど効果的なのか見てみないと何とも言えないけど、アニメに有名タレントの声を被せるよりは余程いいだろう。

ウィノナライダーは万引き事件以来、日本で公開されていない作品とかにチョイ出はしていたようだが、主役級で出るのは久しぶり。
本格復帰とも言えるこの映画でモザイクならぬアニメを被せられるとは(笑)

ウィノナライダーを好きになったのは『ナイト・オン・ザ・プラネット』のタクシー運転手役が妙にかっこ良かったから。監督がジムジャームッシュだったから、見たんだけど、ジムジャームッシュって、なつかしい響きだなあ。
私が20代のころ一世を風靡したんだよな。映画好きのなかの極めてマイナーな一世で。

 ナイト・オン・ザ・プラネットを見てから、彼女が出演している作品はほとんど見たけど、どれも呆れるほどつまらない。
作品を選ばないっていうか、主役級でお嬢さんみたいな役ならなんでも良いんだろう。松島菜々子や伊東美咲みたいな、女優と呼ぶにはちゅうちょしたくなるタイプの女優だから。
万引き事件でいっぺん地に落ちたんだから、開き直って違う役どころを見せて欲しいもんだ。ま、彼女も30代半ばでお嬢さんってわけにはいかないか。

B00006F1U8.03.LZZZZZZZ.jpeg



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


 保険の仕事をするようになり、その関連で社会保険とか税金とか勉強する中で、「知らなかった-」と驚くことが多々ある。
例えば、サラリーマンらが加入する健康保険。健康保険といえば、年金代とあわせて毎月給料から数万円引かれ、病院に行けば自己負担3割払って治療してもらう、というくらいの知識しかなかった。

 しかし、会社勤めの人が加入する健康保険は高額療養費、疾病手当金、出産育児一時金、出産手当金、埋葬料など結構手厚い保障がついているのだ。
そんなこと、金融関係や総務以外のサラリーマン・OLが知ってる?
私は大学までの間に習ったこともなければ、入社のガイダンスで聞いたこともない。
単に私がボケーっとしていたから知らないというなら仕方ないが、私の友人たちに聞いてみても私と似たようなものだった。皆40代で知識豊富で当たり前のイイおっさんなのに。類は友を呼んでいるだけなのか?

お客さんに会って健康保険の話をすると、高額療養費は知っているという人は結構いるけど、疾病手当金を知っている人はほとんどいない。また、20代だと何も知らない人が多い。
興味がないといえばそれまでだが、生活にとても身近な制度なのにその詳細を多くの人が知らない。なんとも不思議な話だ。

もちろん、実際に入院や出産などの事態になれば、総務や物知りの人が教えてくれるのだろうが、知っていると知らないのでは民間の保険に対する考え方が変わってくると思うのだ。

知っていれば民間の医療保険は入院日額5,000円で良いと判断する人でも知らないゆえに10,000円で契約するというケースもあるんじゃないだろうか。(日額5,000円を勧めているわけではありませんよ、例えです)

健康保険に限らず年金、労災、会社のグループ保険、そうしたものを十分知ってから、足りないところを埋めるように民間の保険を使えば無駄な保険料を払うこともなくなると思う。だから、まずは自分が入っている社会保険を知ること。保険商品のパンフレットを見るのはそのあとでもいいのです。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


2006.07.18 あしや
 HPの仕事もひと段落したので、芦屋に戻ってきた。
芦屋というと多くの人は関西の高級住宅街で有名な芦屋市を思い浮かべるかもしれないが、私の住む芦屋は福岡県の芦屋町である。
豪邸などお目にかかれるわけもなく、ヘルメット通学のチャリと軽トラばかりが街中を走ってる漁師まちだ。
海に面した小さな町で、町のほとんどを航空自衛隊基地が占め、町の広範囲が競艇場に使われ、残りの狭い範囲に人がすんでいる。

 町の目玉は夏の海水浴、夏の花火大会、夏の砂浜の美術展と夏ばかりなんだけど、今年は花火大会が中止と聞いた。早速、芦屋町のHPで確認したら、打ち上げ地点の橋の架け替えのため平成21年まで中止するとのこと。橋の架け替えに4年もかかるってこと?瀬戸大橋やレインボーブリッジみたいにでかい橋ならともかく、200mくらいの普通の橋なのに・・・

 ついでにいうと、砂浜の美術展も今のところ開催予定はないと書かれてあった。砂浜の美術展とはサッポロ雪祭りの砂バージョンなんだけど、私は行ったことがないので、それが素晴らしいものなのかチャチなものなのか分からない。でも、目玉を二つもいっきょに無くすんだから、よっぽど町の財政も夕張メロンなのかと思ってしまう。
自衛隊と競艇場のおかげで裕福な自治体と言われていたけど、最近はそうでもないのかも知れない。

 私としては海があるだけで十分なんだけど、夏場は波が全く立たず、大きな水溜りみたいな海だ。使えない。他の人には悪いがひそかに台風が来ることを心待ちにしている。被害が出ない程度でね。






明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


第一回目
東京で書いてます。
クリエイター黒川にHPを作って!とお願いに来て
いま、西新宿の黒川事務所であーでもない、こーでもない
とやっている最中ってとこ。
ついでにブログもやるか、ということのなって、タイトルを
てきとうに決め、そしていまなのだ。

保険屋なんで保険のこと書くわけだけど、自分より保険に詳しい人なんてこの世にゴマンといて、保険売りまくっている人はさらにジュウマンといるので、まぁ、おこがましくはあるよね。
それでも自分より保険のこと知らない人はこの世にヒャクマンといるわけだから、そんな人に少しでもお役に立てれば、と思うのです。
中学生に英語を教えるのに東大生である必要はないものね。

これから私のありったけの知識を披露しますので生命保険の見直しやこれから検討しようと思っている人は参考にしてください。



明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。