上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


2006.10.26 地デジでGO?
東京や大阪に住んでいる人たちは、もう、かなりの人が地デジ対応のテレビを
購入したのだろうか?

私が住む町も今月からデジタル放送がはじまった。

昨日、ヤマダ電機にプリンタインクを買いに行って、ついでに店内をブラブラし、テレビのコーナーをみたら随分値段が安くなっている。

26インチや32インチじゃ利幅が小さいからか、最近の主流は46、52インチとか。
狭い家に大型テレビがどーん。
家庭の主役はテレビ様。

想像してみるに、それってちょっと間抜けな構図じゃない?

そもそも地デジで受けるメリットってよく分からない。高画質って言ったって、見飽きた芸無し芸人を美しく見てもしょうがない。
高画質に見合う番組って何があるんだ?
双方向、字幕が出るなんて、携帯の無駄機能と同じで私にとってはどうでもいいし。

東京の方じゃ、数年前に散々議論されたんだろね。時代遅れでごめんなさい(笑)。

家に帰って地デジを調べてたら、面白いサイトに当たったのでリンクさせてもらいます。
ポチは見た~マスコミの嘘と裏~

もし、ポチの言うことが当たらなくても、アナログ放送が終わって買えば済む話か。そのころはいくらで売ってるんだろう。楽しみだ。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


スポンサーサイト
今朝の新聞に「ねんきん定期便」なるものが来年からスタートするってことが
書かれてあった。

受け取る年金見込み額を通知してくれるらしい。
来年はとりあえず一部に限られていて、2008年から年金加入者全員が対象となるとのこと。

このことは去年の衆議院選挙の自民党マニュフェストに載っていたと思う。
スウェーデンだかデンマークだか北欧の国がやってたんだっけ?
真似っこだけど、良いことだから素直に拍手をおくりたい。

ただ、通知が来て「思ったよりもらえるじゃん」って喜ぶ人より「これじゃ食っていけないよ」と思う人のほうが圧倒的に多いと予想する。

しかも、あくまで途中経過なんだから、年々金額が小さくなっていくこともありそうだ。というか、確実に小さくなっていくと思う。

労働人口が減っていき、百年安心プランで導入されたマクロ経済スライドが威力を発揮するだろう。

そうなると、家庭の主計官は鉛筆なめなめ、予算の組替えを考えねばならない。無駄を削りその分を貯金なり資産運用にまわす。

どこを削ろうかと家計簿とにらめっことなり、財務省のそれと同じく削りやすいとこからメスを入れていく。弱者切り捨てを断行する。

家庭内弱者、パパさんに送りたい一冊。
4062723972.01._SS500_SCLZZZZZZZ_V40891732_.jpeg

「勝ち馬」統計学(アマゾン行き)

すってんてんになっても責任とりませんが。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


2006.10.24 右に左に
日曜日の午前中に3時間ほどサーフィンをやったら、今日までも疲れが残っていて体が重い。
波が小さかったので必死こいてパドリングやったので、そのせいだろうけど、年だな~と実感する。

サーフィンをはじめて2年半。おっさんデビューで、なおかつ運動神経が良い方ではないので未だにビギナーだ。進路は波任せで、上手な人のように右に左に自在にあやつれない。

その日の夜中、「混合医療」を調べようと思ってwebあさりをしていたら、脇へ脇へそれていく。「混合医療」から「年金問題」「耐震偽装」「北朝鮮問題」へ飛び「9.11テロ」を経由して「ユダヤの陰謀(笑)」へと。

インターネットのおかげでいろんな情報が入るのはいいんだけど、知れば知るほどいったい何が正しいのかさっぱり分からなくなってくる。
「噂の真相」がネットいっぱいに広がっている。

9.11はアメリカの自作自演?従軍慰安婦はいた・いなかった?ホロコーストはあった・なかった?郵政民営化はアメリカ金融資本の為?

昔のように大手メディアは信頼できて、週刊誌や夕刊紙は話半分、東スポはギャグと判断していた時代には社会的事象に対して自分の考えというものをマガイモノであったとしても持つことができた。

いまは、その考える材料が無数にあるうえ真偽が分からず、さらに大手メディアが信頼できないので、右に左にゆれて自分なりの答えが出せずにいる。

そんななか、みのもんたが酒酔い運転と高度な政治問題を同列に扱い、感覚だけで斬っていく。問題を掘り下げないから迷いが無い。
一流エンターティナーのニュースショーは朝から爽快だ。

頭が混乱すると、何も考えたくなくなる。どっかのカリスマや教祖様を盲目的に信じることができれば楽なんだろうな。
ま、そんなのご免だけど。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


2006.10.07 国会ウォッチ
images12.jpg


大嫌いな安倍晋三とこれまた大嫌いな田中真紀子の論戦があったと夜のニュースでやってたので国会インターネットTVを見てきた。

田中の悪口放題VS安倍の興奮早口を期待していたのだが、安倍のほうは総理になって棒読み癖がついたのか、器が人をつくるのか、比較的冷静に対処していた。田中は相変わらずで、北朝鮮問題で噛み付いていたが、言ってることが無茶であれじゃファンのオバサンたちも逃げていくんじゃないだろうか。

どちらが嫌いショーは今日のところ田中真紀子が圧倒的に勝利した。

中身の乏しい馬鹿二人のやりとりは時間の無駄だったが、ついでに見た民主党の枝野さんと国民新党の亀井さん(地味な方)は良かった。

枝野さんはサラ金の金利問題と障害者自立支援法、亀井さんは郵政民営化についての質疑。
とりわけ障害者自立支援法は稀にみる悪法で自立支援という美しい言葉に包んだ負担増おしつけだ。

格差社会はある程度は仕方ないと思っているけど、努力では解決できない問題を持った人々にまで自己責任という政府都合の原則を当てはめるべきじゃない。

枝野さんは途中、感情が高ぶって涙ぐむ場面もあったが、こっちまでジーンときた。

テレ朝とTBSのニュースでは田中真紀子と歴史認識ばっかりだったが、滝川クリステルの番組はとりあげたんだろうか?
あの番組だけは障害者自立支援法をずっと追っかけてたけども。

衆議院TV


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


78805.jpeg


ディープインパクトで勝てなければ、私が生きてるうちに日本馬が凱旋門賞を勝つことは無いんではないかと思って見てたけど、残念な結果だった。

数年前の2着エルコンドルパサーとの比較でディ-プならと思ってた人が私を含め多かったと思う。

そしてなにより、何十年も競馬を見てきて、あれほど強い馬を見たことがないのだから期待も高まる。

でも、はじめてのヨーロッパの馬場だし、あれで勝っちゃったら横綱相撲だし、キングジョージや昨年の凱旋門勝ってるハリケーンランより先着してるんだし、十分とも言える。

ただ、前の馬を捕らえきれないことは危惧してたけど、後から差されるとは思いもしなかった。
ディープは2回しか負けてないのにルメール騎手には2回先着されてしまった。

池江さんは来年も挑戦すると言ってたと、むこうの新聞に書いてあったが、ぜひ頑張って欲しい。ルメール騎乗で(笑)

それにしてもNHK、放送してくれたのは有り難かったんだけど、他の馬のプロフィールくらい紹介してもいいんじゃない?
たった8頭なんだし、レースまでかなり時間あったんだから。
(F1と交互に見てたから見逃したのかもしれないけど)

それにしても岡部さん、競馬に対する愛情にあふれているな。騎乗してたときはああやって馬と会話してたんだろうな。
岡部さんの声援はあたたかい。

それにしても日本人、時間と金がいっぱいあるんだな。現地ではクレイジー(フランス語わからない)と言われてたようだけど、1.1倍のオッズを5千人の日本人が主導してつくったんだからすごい。世界の凱旋門賞が地方競馬のオッズのようだった。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。