上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


 2007年4月からそれ以後に離婚した夫婦に年金分割が認められる。
昨年、熟年離婚が減ったのは、奥様たちがそのときを指折り数えて待っているからで、来年になったら「時は今!」と勇んで夫に離婚届を差し出すだろう、との見方もある。

 離婚なんて重大事だから、それを本気で考えている人はいろいろ調べているとは思うんだけど、離婚を考えていない主婦の人なんかは、「年金半分もらえるんなら、離婚しても生活大丈夫ね」と冗談で言ったりする。
「半分と言ってもですね…」とちょいと私が解説を入れると、「エ~ッ、そうなの、それじゃやっていけないわ」てかんじになる。
本気で考えている人は既知だとは思うけど、誤解して離婚に踏み切って、こんなはずじゃなかったという人を1人でも減らす為にあえて取り上げます。

 夫がもらう年金の総額の半分が別れた妻に渡るわけではありません。
年金分割の対象になるのは結婚している期間の厚生年金部分のみで、基礎年金部分は関係がない。
仮に、夫が年金を払ったのが40年として、10年独身、30年夫婦生活なら、最初の10年は除外され、夫婦期間の30年間で払った厚生年金保険料に相当する老齢厚生年金だけが対象となる。
分割金額に関しては、夫と協議をして合意をするのが原則で、厚生年金部分の最大1/2が上限となる。合意できない時は、裁判→調停の手順でコトは運ぶ。

※ 妻も働いていて厚生年金に加入していた場合には、互いの独身期間を除き、結婚期間の保険料に相当する厚生年金を夫婦で合算した額の半分が限度となる。

文章で書くとわかりにくいので、イメージ図をどうぞ。
ただし、厚生年金部分の数字はテキトーに入れてます。厚生年金部分って、人によって全然違って、要はその人が何十年と払った年金保険料の金額がわからないと計算できない。だから、こんな感じで分割されるんだ、というイメージだけ理解してください。
個別で年金の具体的金額が知りたい時は近くの社会保険事務所で尋ねるしかありません。


nennkin4.gif

スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/11-22d4852c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。