上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


ファイナンシャルプランナー(以後、FP)の定義についてFP協会のテキストにはこう書かれている。

「顧客の収入や資産・負債など、顧客に対するあらゆるデータを集め、要望や希望を聞き、現状を分析した上でそれに基づいて、顧客のライフプラン上の目標を達成するために、必要に応じて弁護士,税理士等の専門家の協力を得ながら、貯蓄計画、保険・投資対策、税務対策など包括的な顧客の資産設計の立案し、その実行の手助けをしていく専門家」

 長くて読む気もうせるでしょ(笑)。
要はお客さんの夢や希望を叶えるためのお金の指南役ってことだ。

マイホーム取得,学資のプール、定年後の安定した生活など、お客さんの夢・希望を取り込んで、生涯の金銭的計画を立て、それを実行する為に保険の見直しや資産運用など具体策を指導するわけだ。
そして、その業務には独立性・中立性・専門性が求められている。

そんなFPだけど、専業としてお客さんから相談料なり会費なりを頂いてやっている独立系の人って日本にわずかしかいない。
全国で100,200はいるんだろうか?
福岡県でほんの数人と聞いた。
専業でやりたい人は多いのだろうけど、収入確保に自信がないってとこなんだろう。

FPを名乗る人の多くは、保険や投資信託を売る際にFPをうたい文句にしているだけで、本当の独立したFPさんとは似て非なるものだと思う。
なぜなら、FP的要素を手法のなかに部分的に取り入れているだけだし、結局は自分とこの商品を売るのが最終目標なんだから。
独立性も中立性もあったもんじゃない。

ま、無料で相談にのるってことはそういうことだよね。
私も保険のことで知らない人から相談されると、やっぱりスケベ心がムクムクと湧いてきちゃうもの。イイ人ぶったりもするけど、今晩なんとかと思うもの。やっぱり契約は欲しいさ。

だから、保険の見直しでも資産運用でも、本当に公平な回答を求めるなら、専業FPの人にきちんとお金を払って相談すればいいと思う。

でも、誤解しないで欲しいのは、私もそうだけど、“ちょっとだけFP“の人は自分の利益ばかり求めているわけではなく、お客さんの利益と、自分の利益の間でうまく折り合いがつくように努力しているんですよ、ほんとに。
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/14-0eb9e221
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。