上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


健康保険の給付に関して、高額療養費の次に知っておいて欲しいのが『傷病手当金』だ。

病気・ケガのために従来の仕事につけず給与の支払いが無い場合に給付される。

いくら給付されるかっていえば、1日あたり標準報酬日額の60%。ま、どう言うんだろ、月給総額を30で割った額の60%くらいと思っていいだろう。正確じゃないけど、大差ないはずだ。
給付限度は1年6ヶ月と、かなり長い。


給付要件は次の4つ。

1.病気・ケガの治療中であること
  入院じゃなく自宅療養でも良い。

2.病気・ケガのため今までの仕事に就けない場合
  医師の意見を参考に社会保険事務所・健康保険組合が判断。

3.続けて3日間の待機期間が完成していること
  連続3日間は待機期間。4日目から支給となる。

例  休・休・休・・出
   →3日分支給

   休・休・休・出・
   →3日分支給

   休・休・出・休・休・休・
   →1日分支給

4.給与の支払いがないこと
  給与の支払いがあっても『傷病手当金』より少ない場合はその差額が支払われる。

それで、注意してほしいのは、
『傷病手当金』は自営業者らが加入する国民健康保険には無いっていうこと
だから、自営業者は病気・ケガになれば、経済的ダメージが会社勤めの人よりはるかに大きい。

例外として美理容業や建設業の人など同業種で構成されている国民健康保険組合の一部では『傷病手当金』を取り入れている。

 ※ 標準報酬日額を正しく知りたい方はPDFですがこちらへ
   →社会保険庁「標準報酬日額表」
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/21-4b3240b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。