上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


高度先進医療とは、特定の大学病院などで実施される先端医療のことで、厚生労働省のお墨付きのものである。この医療と健康保険の関係についてちょいとお話を。

厚生労働省のHPの例をそのまま使わせてもらうけど、
総医療費が100万円、そのうち高度先進医療部分が20万円だとしたら、薬代や入院費などの通常の医療費は80万円ってことになる。

80万円は健康保険の対象なので3割が自己負担ってことになって
80万円×30%=24万円を病院窓口で支払う。
また、それは高額療養費が使えるので24万円のうち所得区分に応じた金額が戻ってくる。(高額療養費に関しては過去記事をよんでください)

ただ、高度先進医療部分に関しては健康保険適用外なので20万円はそのまま自己負担として支払うことになる。
健康保険適用外なのでもちろん高額療養費は対象外。

というわけで、
24万円+20万円=44万円をいったん病院で払い、高額療養費の要件を満たした分(24万-高額医療上限額)が戻る。

イメージとしては今、議論されてる混合医療にも似た感じだけど、正式には違うらしい。

で、どんな病院でどんな治療をやってるかってことはこちらへ

厚生労働省『高度先進医療承認状況一覧』

上記の例図
20060906161521.gif
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/30-87ff31ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。