上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


78805.jpeg


ディープインパクトで勝てなければ、私が生きてるうちに日本馬が凱旋門賞を勝つことは無いんではないかと思って見てたけど、残念な結果だった。

数年前の2着エルコンドルパサーとの比較でディ-プならと思ってた人が私を含め多かったと思う。

そしてなにより、何十年も競馬を見てきて、あれほど強い馬を見たことがないのだから期待も高まる。

でも、はじめてのヨーロッパの馬場だし、あれで勝っちゃったら横綱相撲だし、キングジョージや昨年の凱旋門勝ってるハリケーンランより先着してるんだし、十分とも言える。

ただ、前の馬を捕らえきれないことは危惧してたけど、後から差されるとは思いもしなかった。
ディープは2回しか負けてないのにルメール騎手には2回先着されてしまった。

池江さんは来年も挑戦すると言ってたと、むこうの新聞に書いてあったが、ぜひ頑張って欲しい。ルメール騎乗で(笑)

それにしてもNHK、放送してくれたのは有り難かったんだけど、他の馬のプロフィールくらい紹介してもいいんじゃない?
たった8頭なんだし、レースまでかなり時間あったんだから。
(F1と交互に見てたから見逃したのかもしれないけど)

それにしても岡部さん、競馬に対する愛情にあふれているな。騎乗してたときはああやって馬と会話してたんだろうな。
岡部さんの声援はあたたかい。

それにしても日本人、時間と金がいっぱいあるんだな。現地ではクレイジー(フランス語わからない)と言われてたようだけど、1.1倍のオッズを5千人の日本人が主導してつくったんだからすごい。世界の凱旋門賞が地方競馬のオッズのようだった。
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/37-329b287d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。