上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


4478600511.01._AA240_SCLZZZZZZZ_V60965489_.jpeg

医療保険は入ってはいけない! (アマゾン行き)

本屋をぶらっとしてたら、『医療保険は入ってはいけない! 』という昔どっかで聞いたようなタイトルが目に入った。
「ほ~、どれどれ、どんな刺激的なことが書いてあるの」と手にしてみた。

立ち読みで済ましたので大まかだけど、最初の方が、①医療保険よりも貯金の優位性、②公的保険を十分知る大切さを説いていた。
そして、③医療保険の保障の限界、ていうことだった。

私も「貯金と保険のバランスの点」以外は似た考えだし、記載内容に間違いはないと思う。
でも、②程度の情報なら、気の効いた保険屋なら説明するし、インターネットで簡単に得ることが出来る。③にいたってはパンフレットなどに書いている。(少なくとも私が扱っている保険会社に関しては)

そして最後の章では、それでも医療保険に入りたい人へ保険商品の見分け方みたいなこと。
あれ?ちょっと期待はずれ。

ま、インターネット環境に無い人や保険屋との出会いが悪い人には有益な情報だろうから、この本の内容を批判するつもりは全然ない。ただ、タイトルと内容がちょっと乖離してないかい?
せいぜい『医療保険には気をつけよう』程度だ。

そんなタイトルじゃインパクトが無いから、こうなっちゃった?

それなら、本文で触れてる保険会社の営利体質と同じじゃない。
本人が付けたか編集者がつけたか、売らんがためのタイトルになっている。

この本のタイトルにはわざわざ「うまい広告コピーに騙されるな」と添えてある。
この本のこと(笑)?

とはいえ、昨日も損保会社のアホどもが謝罪する映像がニュースで流れていたように、こんな本が売れているとしたら、それは保険会社、そして保険販売人のせいなんだよね。
私も含め販売人もいろいろいるけど、改める点は多いってことか。


・・・追記・・・
この本の筆者は自身5年間保険営業をやっていたと書いていたけど、この本の出版にあたり自分の過去のお客さん全員に謝罪したのだろうか?
特約であれ、売ってないわけないよね。
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/42-53d669fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。