上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


うざいCMナンバーワンと巷でささやかれながらも、朝から延々と電波垂れ流していたA社がすっかりおとなしくなり、ちょっと拍子抜けな気分だ。
戦略変更でもはかってんのかな?

そんなA社のCMではよく「保険料1日たった○○円」なんてことをギャラの安そうなタレントがお手ごろ感たっぷりに宣伝してたが、たいていの人は×30日をすばやく計算するから意味があるとは思えなかった。

ま、これはA社に限らずいろんな保険会社のパンフに書かれてあるんで、A社だけをとやかく言うつもりはない。
ただ、あんなもんが人の心を動かすのか?ってことが言いたいだけなのだ。

数日前、日経の新聞広告に『国境のない医師団』の50円キャンペーンが掲載されていた。詳しくは覚えてないが、1日50円で成人3人分のワクチンが買えるとかだった。

50円くらいなら部屋や車のシートの下やポケット探れば出てくるだろう。マンションの自販機の釣り銭口に手を突っ込めば、残ってるかもしれない(笑)。

そんなんで、3人が今日を生きることが出来るのか。
なんとなく分かっていた事だけど、あらためて言われると、ちょっと考えさせられた。

財布が小銭でいっぱいになると面倒な気分になる時がある。
これは泰平に浮かれた日本人、というか私自身の狂った金銭感覚なのかもしれない。

先日禁煙をしてからマイルドセブンライト300円×1.5箱+缶コーヒー120円が1日浮いている。
(タバコを吸うと缶コーヒーが飲みたくなるんですよ)
570円のうち50円でも100円でも役立てることが出来れば、と思った。

『国境のない医師団』というのは有名だからよく調べずに申し込んだけど、ノーベルさんやガンジーさんからもお墨付きをもらってるらしい。

そこのホームページからの抜粋です。

2,000円でできることの例:
●避難民100人に緊急栄養食を提供できます。(約2,000円)
●呼吸器系疾患に苦しむ子ども1人に抗生物質を用いた治療を行うことができます。 

5,000円でできることの例:
●避難民に毛布を8枚提供できます。(約5,000円)
●避難民3,000人に清潔な飲料水を10日間供給できます。(約15,000円=5,000円×3口) 

10,000円でできることの例:
●外科手術用麻酔キットを8人分購入できます。(約10,000円)
●およそ250人に予防接種を行うため必要な医療機器を購入できます。(約20,000円=10,000円×2口)

興味がある人はこちらへ
『国境なき医師団日本』
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/49-914cec1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。