上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


会社勤めの人が加入する健康保険と自営業者や無職、フリーターの人が加入する国民健康保険は内容的には異なっている。
ただ、高額療養費はどちらにも共通する制度なので、たいていの国民はどちらかに属しているはずだから、たいていの国民共通の制度ってことになる。

高額療養費制度
自己負担額が1ヶ月に一定額を超えた場合は、請求すればその超えた分が後日健康保険から支給されるという制度。
ただし、入院時の食事代・差額ベッド代などは含まれない。

【70歳未満の場合】
一般 72,300円+(医療費-241,000)×1%
高所得者 139800円+(医療費-466,000)×1%
低所得者 35,400円

大まかに言うと、1ヶ月の医療費が上位所得者は約14万、一般の人は約72000円、低所得者は35,400円を超えると超えた分が戻ってくる。
(私は大まかでも覚えておくことが大切と思うので、ざっと言います。もっと正確なことが知りたいときは社会保険庁や自治体のHPへどうぞ)

標準報酬月額が56万円以上の人、これを簡単に言うのは難しいんだけど、直近の4,5,6月の平均月給が54万5千円以上の人は上位所得者。住民税を免除されている人は低所得者。それ以外は一般に分類されます。
多くの人は一般だと思うので、自分が払うのはひと月72000円から多くても8万くらいと覚えていればいいと思う。
※ 国民健康保険の場合は療養月が8~12月は前年、1~7月は前々年の基準所得が670万円を超える世帯が上位所得者。

公式にあれはめれば分かるけど、医療費がひと月100万かかったとして、
72,300+(100万-241,000)×1%だから
72,300+759,000×1%だから
72,300+7,590だから
79,890円がこの場合の自己負担の限度ってこと。
つまり、100万円の3割を自己負担分として病院に払ったわけだから
30万円-79,890円=220,110円がおかえりなさいと戻ってくる。

医療費が200万かかっても9万以下だし、とってもありがたい制度だってことがわかる。
スポンサーサイト


明日の励みのためにクリックおねがいします。
blogranking


Secret

TrackBackURL
→http://hokenhint.blog59.fc2.com/tb.php/5-60dc6835
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。